今回は、部下がマイナス思考から抜け出せないという悩みを持つチームリーダーの西田さん(仮名)からの相談です。

 あるソフトウエア開発チームが開発したシステムのプログラムにおいて、顧客へ納入する直前に不具合が見つかりました。主担当だった青木君(仮名)はすっかり落ち込んでしまい、お客様に迷惑が掛からないかと焦っています。

西田リーダー:「なぜ、そんな不具合を出してしまったんだ?!」

青木君:「現在、原因を確認しています」

西田リーダー:「君は主担当として、どうするつもりなんだ!」

青木君:「……」

 青木君は、ますます落ち込んで、もう仕事をしたくないと言っています。

リーダーの声の掛け方

 こんなとき、叱責してしまうリーダーの方が多いと思います。ですが、こんなときだからこそ、リーダーはこう声を掛けてみてはどうでしょうか。「不具合が見つかったので、2度と同じ間違いをせずに済むね。私たちが今できることは何か、一緒に考えよう」。

 不具合というネガティブな出来事は変えられません。でも、「これで同じ不具合は起きない」「そのことが今回で分かってよかった」というプラスの意味を付け加えています。

 目標達成に向かうプロセスでは、順風満帆にいくことはまずありません。失敗や困難に直面することの方が多いでしょう。プラス思考とは、「きっとうまくいく」という良い方向に考えが向くこと。特に、悪い状況の中でも前向きに考え、物事を肯定的に捉えることです。

 プラス思考は、困難なハ―ドルを乗り越えるときに有効なパワーとなります。

ラプス思考のためのスキル
(作成:日経 xTECH)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら