「eスポーツ元年」と言われた2018年。その言葉通り、様々な企業がeスポーツへの取り組みを本格化した。Cygamesは、賞金総額1億円超を賭けた『Shadowverse(シャドウバース)』世界大会を開催。eスポーツでの展開を見据えた新タイトルを投入するなど、業界をリードする。同社の木村唯人専務に聞いた。

Cygamesの木村唯人専務

 Cygamesは2018年12月に、同社のトレーディングカードゲーム『Shadowverse』の世界大会を開催した。100万ドル(約1億1000万円)という優勝賞金も話題を集め、見事、成功裏に終わった。

 約1年前のインタビューで、当時同社の常務だった木村唯人氏が「18年はCygamesの年になる」と力強く宣言した通りとも受け取れるが、はたして木村氏の目に18年はどう映っているのか。そして、19年はどんな戦略を取るのか。

リリースした2作が海外で好調

単刀直入に伺います。1年前のインタビューで宣言された通り、18年は「Cygamesの年」になりましたか?

悪くはなかったですが、そこまで言えるレベルにはならなかったですね(笑)。予定していながらリリースできなかったタイトルがあったという点で不本意でした。とはいえ、家庭用ゲーム機も含めて、18年は新作を3タイトル出せました。当社としてはこれはかなり多いと言っていい。なにせ2017年がゼロでしたから(笑)。

リリースされたタイトルはどれも好調です。

『プリンセスコネクト!Re:Dive』は国内で今も好調ですし、台湾では何度も1位を取りました。もともと美少女ゲームはアジア圏で好かれるジャンル。韓国や中国でも近くリリースされる予定で、高評価を期待しています(※編集部注:韓国版は3月28日にリリース済み)。

任天堂との提携が話題を呼んだ『ドラガリアロスト』はいかがでしたか?

こちらは欧米市場でも大きなインパクトを与えてますね。作り手としても任天堂のものづくりやグローバルに対する考え方など、提携によっていろいろ勉強させていただきました。

スマートフォン/PC向けアニメRPG『プリンセスコネクト!Re:Dive』
任天堂と共同で開発したスマホ向けアクションRPG『ドラガリアロスト』

『プリンセスコネクト!Re:Dive』と『ドラガリアロスト』の海外市場での好調は予想されていましたか?

台湾は硬派なゲームよりも日本文化寄りのものが好まれる傾向があるので、そういう意味でチャンスはあると思っていましたが、特に勝算があったわけではありません。今後展開する国々でも同じように受け入れていただけることを期待しています。

Cygamesとして19年はどんな展開を考えているのでしょうか?

どんなジャンルのものかは言えませんが、開発中のタイトルがいくつかありますし、いろいろ取り組んでいます。すでにタイトルを発表しているものとしては、対戦格闘ゲームの『グランブルーファンタジー ヴァーサス』(以下、グラブル ヴァーサス)を19年にリリースします。

『グランブルーファンタジー ヴァーサス』は人気のファンタジーRPG『GRANBLUE FANTASY』(グラブル)をベースにした対戦格闘ゲーム

それらのタイトルも海外展開を見据えて開発されているのでしょうか?

ゲームはジャンルによって市場が大きく変わるので、画一的な戦略を採りようがない面があります。開発中のものは、海外市場を特に意識しているわけではありませんが、どんなジャンルも世界のどこかしらにはニーズがあって、それを見極めて日本以外の国でも出したいと思っています。どこの国で受けるか、どう展開するかの見極めが大事ですね。