前回、『モンスターハンター:ワールド』の大ヒットとデジタル戦略の強化について語ったカプコンの辻本春弘社長。今回は、ここ数年同社が非常に力を入れているeスポーツの進展について聞いた。既に新リーグを立ち上げ、eスポーツの事業化に意欲を見せるカプコンの狙いとその将来像とは。

カプコンの辻本春弘代表取締役社長 最高執行責任者(COO)

独自の新リーグを立ち上げ、eスポーツのビジネス化を推進

日本のゲーム業界にとって、18年はeスポーツの進展が大きな話題でした。カプコンも以前からeスポーツに注力されていましたが、状況はどう変わりましたか。

私は18年に発足した日本eスポーツ連合(JeSU)の理事もさせていただいていますが、はじめにeスポーツの現況について少し説明させてください。

 まず私自身、eスポーツはリアルスポーツの枠をさらに広げられる可能性があると感じています。リアルスポーツの場合、プロ選手になるということはかなりの身体能力が求められます。例えば、野球の大谷翔平選手のように160キロのボールを投げる、または打つといったことができる人は限られますからね。

 一方、eスポーツでは、リアルスポーツほど身体能力を必要としません。男女問わず同じ大会に参加できますし、小学生が大人に勝つことだってあり得ます。また、ハンディキャップを持った人だって、同じように競うこともできます。本来、スポーツというのは誰もが参加できて楽しめるものだと考えています。IOC(国際オリンピック委員会)やさまざまな企業がeスポーツに関心を示しているのは、そうしたスポーツの本質における将来の可能性を感じているためだと思います。

とはいえ、eスポーツが普及することによるカプコンのメリットは大きいですよね。

カプコンがeスポーツで「ストリートファイターV」のブランドを拡大するという側面は否定しません。ですがその半面、スポーツの本質論で言えば、eスポーツを世の中に普及させていくということも、併せて考えていかなければならないのです。それは企業としての使命ですね。

 eスポーツには多くの可能性があります。幸いにしてカプコンには「ストリートファイター」が存在したのに加え、以前から海外を中心にゲーム大会を展開してきたこともあり、この世界で中心的なIP(ゲームのキャラクターなどの知的財産)の一角を担うことができました。そうしたことを踏まえれば、カプコンがeスポーツを積極的に展開するのは当然でしょう。「ストリートファイター」を使って、グローバルでどうeスポーツを普及させていくかというのは重要なテーマです。

『ストリートファイターV アーケードエディション』(c)CAPCOM U.S.A., INC. 2016, 2018 ALL RIGHTS RESERVED.

19年2月から、カプコン「ストリートファイターリーグ powered by RAGE」が開幕し、既に戦いが始まっています。こちらもeスポーツ普及に向けた、新たな取り組みと言えますね。

これは従来、個人戦だった「ストリートファイター」を、団体戦でやろうという発想で立ち上げました。1チーム3人で、その構成は「エクストリームクラス」と呼ぶJeSU認定のプロと、プロではないけれど「ストリートファイター」で一定の実績がある「ハイクラス」の選手(19年3月31日時点で満22歳以下の年齢制限あり)、そしてプレー経験の少ない「ビギナークラス」の選手となっています。これで6チームが対戦し、エクストリームが勝てば3点、ハイクラスが2点、そしてビギナーが1点で毎試合、勝敗を争います。自分だけ負けるわけにはいかないので、各チームともプロが攻略方法などについて他の選手を指導してくれているというのは、これまで見られなかった特徴だと思います。試合中でも後ろから細かく指示を出していますしね。

 既にカプコンには「CAPCOM Pro Tour」という世界的なeスポーツの大会があるのですが、ここに登場するトップランカーたちは飛び抜けた実力者ばかりです。新しいストリートファイターリーグでは若い人にフォーカスを当て、次世代のプロへの道筋を作ることが大きな狙いです。経験の少ないビギナーでも、チームに入れればプロの指導が受けられて、さらに上のレベルを目指せます。

「CAPCOM Pro Tour ジャパンプレミア」の会場風景(c)CAPCOM U.S.A., INC. 2016, 2018 ALL RIGHTS RESERVED.