撮影場所から写真を検索する

 写真に位置情報が保存されていれば、検索でヒットするようになる。また、Google フォトのアルバムの「撮影場所」をクリックして場所から探すこともできる。ただし、どのような基準で「撮影場所」に登録されているか分からなく、表示されるまでは少し時間がかかるようだ。どちらにせよ、確実に探したいなら検索したほうが手っ取り早いだろう。

アルバムの「撮影場所」撮影場所をキーに写真を探せる
[画像のクリックで拡大表示]
キーワード検索でも場所で写真を取り出せる。このほうが確実に見つかるようだ
[画像のクリックで拡大表示]

タイムラインで移動経路を記録する

 旅行の思い出をチェックするなら、写真を探すよりもGoogle マップのタイムラインを使ったほうがよく分かる。

 タイムラインは、スマホのGPSの記録を地図上に表示する機能だ。タイムラインは、スマホの位置情報が常にGoogle マップで利用できる状況になっていれば、勝手に生成される。

Google マップのメニューからタイムラインを開くと、旅行中の移動経路を詳しく把握できる
[画像のクリックで拡大表示]

 地図を拡大表示すると、自分がどのように移動したかも把握できる。さらに、移動中に寄ったスポットで撮影した写真も、Google フォトにアップロードして撮影場所の情報を付けていれば表示される。

 タイムラインを使い続ける限り、ずっと移動情報が記録されていることになるので、それが気持ち悪いと思う人は位置情報をオフにしよう。個人的には素晴らしいと感じていて非常に重宝しており、気持ち悪さを上回るメリットがあると思っている。

地図を拡大すると、自分がどう動いたかも完璧に把握できる。撮影した写真も表示可能
[画像のクリックで拡大表示]
位置情報を後から付けた写真も表示される
[画像のクリックで拡大表示]
スマホでもタイムラインは有効なので、いつでもどこでも旅行の記録が調べられる
[画像のクリックで拡大表示]
戸田 覚(とだ さとる)
ビジネス書作家。株式会社アバンギャルド/株式会社戸田覚事務所 代表取締役。ブログ、著書累計150冊以上、連載25本。IT関連、パソコン、プレゼン、企画書、Webドキュメントなど、仕事に関する幅広い著書を持ち講演も多数。テレビ・ラジオにもレギュラー出演している。 Facebook:https://www.facebook.com/toda001