例えば、家族全員が共有アルバムを閲覧できるようにするには、家族のそれぞれが持っているメールアドレスを選択して招待すればよい。相手もGoogle フォトを使っていれば、相手のGoogle フォトの「共有」メニューにアルバムが表示される。相手が共有アルバムに写真を追加すると、それらも共有したユーザー全員が閲覧できる。

 共有アルバムは撮影時期ではなく、旅行、花見といったイベントごとに分けて作成し、それぞれに合った人を招待するとよいだろう。

家族のアドレスを選んでアルバムを共有する
[画像のクリックで拡大表示]
こちらは共有された側のGoogle フォト。「共有」メニューにアルバムが追加されている
[画像のクリックで拡大表示]

写真を撮影した位置を調べる

 写真をどこで撮影したのか調べるのも、Google フォトなら簡単だ。写真の上に表示されている「i」ボタンをクリックすればよい。写真に位置情報が付いていれば、何も設定しなくても撮影場所が表示されるはずだ。

 デジカメやビデオカメラで撮影した写真にはGPS情報が含まれていないことが多く、位置情報が表示できない。そのような時には、写真を撮影した場所を設定すれば情報が追加される。ただし設定作業はちょっと面倒なので、ベストショットに限って作業しておくとよい。

 iボタンをクリックして表示される画面で、「この写真の撮影場所を設定」をクリックし、「撮影場所を編集」に撮影場所を入力する。合致する場所があれば、入力中に候補が表示されるので選択する。複数の写真を選択して、まとめて「台湾」とするなど、およその場所を設定することも可能だ。

写真を開いて「i」ボタンをクリックすると撮影場所の情報が分かる
[画像のクリックで拡大表示]
位置情報が表示されない場合には、「この写真の撮影場所を設定」をクリック。この写真は、スマホではなく別のカメラで撮影したためだ
[画像のクリックで拡大表示]
有名観光地などはだいたい検索で指定できる
[画像のクリックで拡大表示]
位置情報が表示されるようになった
[画像のクリックで拡大表示]

 ただし、共有アルバムに含めた写真に関しては、撮影場所の共有をオフにしておくべきだ。やや不便になるが、意図せず写真を悪用されることを防止できる。撮影場所を共有しないようにするには、Google フォトの設定メニューから「リンクで共有するファイルの位置情報を削除」をオンにする。

Google フォトの設定メニューから「リンクで共有するファイルの位置情報を削除」をオンにしておくと安心だ
[画像のクリックで拡大表示]