インド政府が進める、100都市をスマート化する施策「スマートシティーミッション」は主に、既存の都市問題の解決が主眼になる。そのなかで、近未来的な新都市の建設に着手している場所がある。都市運用のための3次元デジタルプラットフォームを計画段階から同時に構築する壮大なプロジェクトとなる。

 インド政府のスマートシティーミッションのなかに唯一、ゼロからつくる都市がある。2014年6月、インド南東部のアーンドラ・プラデーシュ州からテランガーナ州が分離。これに伴って新州都に決まったクリシュナ川下流域のアマラヴァティだ。

 現在はテランガーナ州のハイデラバードを共同首都とし、24年には新首都を誕生させる。農業地域だった場所に約2万1700haの都市建設を進める構想で、ル・コルビュジエが都市計画に携わった同国のチャンディガール、オスカー・ニーマイヤーによるブラジリアを想起させるプロジェクトとして注目される。

[画像のクリックで拡大表示]
英国のフォスター・アンド・パートナーズが中心となってマスタープランをまとめたアマラヴァティ「ガバメント・コンプレックス」のイメージ。農業地域だった場所に「緑と水の都」を建設する(資料:Foster+Partners)
[画像のクリックで拡大表示]
人造池に囲まれて立つ立法議会棟のイメージ(資料:Foster+Partners)
アマラヴァティ「ガバメント・コンプレックス」の都市イメージの動画(資料:Foster+Partners)

 南北5.5㎞、東西1㎞に及ぶ中心部の地区「ガバメント・コンプレックス」のマスタープランを手掛けたのは、英国のフォスター・アンド・パートナーズとインド国内のハフィーズ・コントラクター。シンガポールの都市計画コンサルタント、スルバナ・ジュロンも協力している。2016年の招待コンペで槇総合計画事務所らの提案が最優秀となったものの最終的に賛同を得られず、改めてフォスターらが選出されたという経緯がある。

 フォスターらによる計画は、英建築家のエドウィン・ラッチェンスが都市計画に携わったニューデリーや、ニューヨークのセントラルパークに触発されたものだという。全体面積の6割を水か緑が占める。太陽光発電を採用するほか、電気自動車、水上タクシー、自転車などの交通手段を重視し、世界最高水準の持続可能な都市を目指す。

 その中核の地区に、立法議会棟や高等裁判所を設ける。これらの建築は、ヴァーストゥ(インド風水)の原則に基づいて計画される。

[画像のクリックで拡大表示]
立法議会棟のイメージ。高さ250mの尖った頂部を持ち、裾の部分で広く張り出す屋根で覆っている(資料:Foster+Partners)
[画像のクリックで拡大表示]
立法議会棟の内部イメージ。ヴァーストゥ(インド風水)にならい、中心部を空洞の中庭としてデザインしている。年間を通して誰でもアクセスできる場となる(資料:Foster+Partners)
[画像のクリックで拡大表示]
立法議会棟の内部イメージ。立法議会棟には民主主義をテーマとするミュージアムを併設し、らせん状の斜路を伝って展示空間を巡れるようにする(資料:Foster+Partners)
[画像のクリックで拡大表示]
高等裁判所のイメージ(資料:Foster+Partners)
[画像のクリックで拡大表示]
高等裁判所のイメージ。階段状の屋根は、インドの古代の仏塔からインスピレーションを受けたものだという。隣接する立法議会棟と共に、自然換気の効果を重視する屋根デザインを指向している(資料:Foster+Partners)
[画像のクリックで拡大表示]
高等裁判所の内部イメージ(資料:Foster+Partners)

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら