連載の第1回第2回はこちら

 2020年に国際宇宙ステーション(ISS)の船長として、3度目の宇宙に飛び立つ予定の宇宙飛行士・星出彰彦氏。宇宙での危険なミッションを成功に導く“多国籍チーム”はどのように作られるのか。

国際宇宙ステーション第32/33次長期滞在で、「きぼう」日本実験棟船内実験室の清掃を行う星出彰彦宇宙飛行士。撮影は2012年7月28日
(写真:JAXA/NASA)
[画像のクリックで拡大表示]

 連載の第1弾として紹介している、星出氏とスーパーラグビーのサンウルブズを運営するジャパンエスアール CEOの渡瀬裕司氏の対談最終回は、宇宙とラグビーにおける「チームビルディング」、そして「キャプテンシー」がテーマである。

スーパーラグビーに参戦するサンウルブズの試合の様子。スーパーラグビーにはニュージーランド、オーストラリア、南アフリカ共和国、アルゼンチン、日本の5カ国、計15のクラブチームが参戦する。サンウルブズのホームゲームは、秩父宮ラグビー場とシンガポール国立競技場で行われている
(写真©JSRA photo by H.Nagaoka)
[画像のクリックで拡大表示]

 対談のモデレーターは、慶應義塾大学理工学部体育会ラグビー部で星出氏の後輩に当たる、現・慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント(SDM)研究科教授の神武直彦氏が務めた。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら