大型買収によってBI(ビジネスインテリジェンス)分野で勝負に出た米グーグルと米セールスフォース・ドットコムだが、買収先の選択には両社の個性が色濃く出た。グーグルが26億ドル(約2800億円)で買収する米ルッカー(Looker)と、セールスフォース・ドットコムが157億ドル(約1兆7000億円)で買収する米タブローソフトウエア(Tableau Software)の違いを分析しよう。

 グーグルがBIツールの「Looker」を販売するルッカーの買収で合意したと発表したのは2019年6月6日(米国時間)のこと。そのわずか4日後の6月10日にセールスフォースが「Tableau」を提供するタブローの買収で合意したと発表した。ライバル関係にある大手クラウド事業者が同じ分野のベンダーの大型買収をほぼ同時に発表したのだから、IT業界の注目を大いに集めた。

 セールスフォースが買収したタブローはニューヨーク証券取引所に上場する大手のBIツールベンダーであり、日本での知名度も高い。それに対してルッカーは未上場のスタートアップで日本市場にも参入したばかり。市場シェアや知名度を考えると「タブロー買収でセールスフォースに競り負けたグーグルがやむなくルッカーを買収した」ように見えるかもしれない。しかしLookerとTableauの技術をよく調べると「グーグルにはLookerが向いている」し「セールスフォースにはTableauが向いている」と思えてくるのだ。

 LookerとTableauの何が違うのか。どちらも「エンドユーザーにとって使い勝手の良いGUI(グラフィカル・ユーザー・インターフェース)ベースのセルフサービス型BIツール」であることは共通するが、データを分析するシステムのアーキテクチャーが大きく異なるのだ。

データを取り込むTableau、取り込まないLooker

 Tableauは分析用データをDB(データベース)やDWH(データウエアハウス)からパソコン上のメモリーやサーバーのインメモリーDBへと取り込み、データをインメモリー処理することでアドホック(逐次)クエリーを高速に実行する。

 それに対してLookerはデータを分析する際に分析用データをDBやDWHから取り込まない。Lookerは分析用クエリーをDBやDWHに対して発行するだけで、分析処理そのものはDBやDWH上で実行する。Lookerが備える可視化ツールはその結果を表示するだけだ。

 ルッカーがビジネスを開始したのは2013年のことであり、その時点で市場には既にグーグルの「BigQuery」や米アマゾン・ウェブ・サービス(AWS)の「Amazon Redshift」といった高速かつ安価なクラウド型DWHが存在した。高速なDWHを使えばインメモリーDBを別途用意する必要はない。そういう発想でLookerは作られている。

 つまりグーグルにとってLookerはとても相性が良い。これまでもLookerのユーザーが増えれば増えるほど、BigQueryのユーザーも増えていた。それにBigQueryを有するグーグルとしては、今さら分析用インメモリーDB技術を買収によって手に入れる必要は無い。

 Lookerは接続先のDB/DWHを切り替えることも容易だ。ユーザーはLookerの分析クエリーを「LookML」という独自言語で記述し、Lookerの「SQLジェネレーター」が50種類以上のDB/DWHで実行できるSQLクエリーを生成する仕組みになっている。つまりグーグルとしてはLookerを「BigQueryへの移行ツール」として活用できる。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら