米アマゾン・ドット・コムが自社の手の内を明かし始めた。2019年6月4日(米国時間)から米ラスベガスで開催中の「Amazon re:MARS」カンファレンスでは、AI(人工知能)やドローン、ロボティクスなどに関する自社開発技術の詳細を積極的に開示している。

 Amazon re:MARSのMARSとは「火星」のことではなく、Machine Learning(機械学習)、Automation(自動化)、Robotics(ロボティクス)、Space(宇宙)の頭文字。同カンファレンスには世界中から起業家や技術者、科学者、そして宇宙飛行士などが集まり、MARSに代表される最新テクノロジーを活用して世界を良くする方法について議論している。

米ラスベガスで開催する「Amazon re:MARS」
出所:米アマゾン・ドット・コム
[画像のクリックで拡大表示]

 興味深いのはアマゾンがこのカンファレンスで、eコマースサイトの「Amazon.com」やその物流センター「フルフィルメントセンター」で使用するために開発した独自のAI(人工知能)やロボット技術を積極的にアピールしていることだ。

 これまで同社は「Amazon Web Services(AWS)」に関する内容以外は、あまり手の内を明かそうとはしてこなかった。AWSは外部の顧客に提供するITサービスであるため、顧客にその詳細を知ってもらう必要がある。それに対して外部に販売せずに社内でだけ使っている技術は、社外に公開する理由がないからだ。

Amazon GoのAIやドローンの安全技術を公開

 それが今回のAmazon re:MARSでは無人コンビニ「Amazon Go」を支えるAIの詳細や、ドローンを使った配送サービス「Amazon Prime Air」における安全性確保策の詳細などを基調講演や技術セッションで公開している。アマゾンにとっては大きな方針転換だと言えるだろう。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら