2020年夏季五輪の開催に合わせ、「東京大改造」が進んでいる。五輪は街づくりのゴールではなく、あくまでもスタート。五輪レガシーを生かして、どのように東京、日本の街づくりを進めていくべきか。ロンドン五輪計画に携わった建築家の山嵜一也氏が、大会6年後のロンドンを現地視察。設計者など関係者へのインタビューを通じ、東京五輪後の街づくりに向けたヒントを探る。

(写真:山嵜 一也)
[画像のクリックで拡大表示]