「落下星の部屋」のトップページ。掲示板など一部コンテンツは機能していないが、メーンの文章は当時のまま読める。

持ち主が亡くなったSNSアカウントやブログ、ホームページがたどる道