建設地は「マヨネーズ層」と呼ばれる海底の軟弱地盤。しかも、最大水圧600kPa(6気圧)が作用する大水深下に、外径14.14mという大断面シールド機で総延長1万8000m超のトンネルを掘進する――。

 構想浮上から36年、総事業費は1兆4823億円。工事の難しさから、土木の「アポロ計画」と呼ばれた希代のビッグプロジェクトが1997年(平成9年)12月に完成した。東京湾を真一文字に突っ切り、川崎市と千葉県木更津市を結ぶ全長15.1kmの有料道路「東京湾アクアライン」だ。

東京湾アクアラインの木更津人工島(海ほたる)。海上部分は幅100m、長さ650m。写真奥の木更津側から橋梁部分を走ってきた車は、ここから海底トンネルに入る(写真:三島 叡)
[画像のクリックで拡大表示]
木更津人工島のトンネル入り口。正面奥の海上に白く見えるのは川崎人工島の換気塔(写真:三島 叡)
[画像のクリックで拡大表示]
斜め上空から見た川崎人工島。島の直径は195mで、海面下約50mの海底地盤にトンネルが通っている。換気塔は「風の塔」とも呼ばれ、日本画家の平山郁夫氏などがデザイン決定に関わった(写真:三島 叡)
[画像のクリックで拡大表示]

 アクアラインは川崎側から木更津人工島(現在の「海ほたる」)までがシールドトンネル、木更津人工島から木更津側までが橋梁となっている。シールドトンネルは、川崎市の沖合に設けた川崎人工島(現在「風の塔」と呼ぶ換気施設がある場所)もたて坑として利用し、川崎側、川崎人工島、木更津人工島の3カ所から計24社による8つのJVがそれぞれシールド機を使って掘進した。

東京湾アクアラインの全体側面図。東京湾横断道路会社などの資料を基に日経コンストラクションが作成
[画像のクリックで拡大表示]
トンネル各工区の施工者と掘進距離。図中の矢印はシールド機の掘進方向。JVの社名は略称で、ハザマは現在の安藤ハザマ、住友(住友建設)と三井(三井建設)は現在の三井住友建設、青木(青木建設)は現在の青木あすなろ建設。東京湾横断道路会社の資料などを基に日経コンストラクションが作成
[画像のクリックで拡大表示]
川崎側の浮島ジャンクション。写真上に川崎人工島の換気塔がかすんで見える(写真:三島 叡)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら