工作機械メーカーのオークマが、ロボットに参入する。同社のNC(Numerical Control、数値制御)旋盤の加工室内に取り付けられる「ARMROID(アームロイド)」を自社で開発し、2019年6月ごろに出荷を開始する予定だ。「市販のロボットで要求を満たせそうなものがなく、それだったら自分たちで作ることにした」(同社 取締役 技術本部本部長 研究開発部部長 兼 品質技術センター担当の千田治光氏)。

異業種からロボットアームに参入
図は、オークマが開発したロボットアーム「ARMROID」。同社のNC旋盤「LB3000 EX II」の加工室内に取り付けられる。(出所:オークマ)
[画像のクリックで拡大表示]

 これまで一部の企業しか作れなかったロボットを、誰でも作れるようになる――。そんな世界が到来しようとしている。ロボット開発を支援する技術が次々と登場し、比較的自由に市場で調達できるようになっているからだ。

 そのような技術は、ロボット産業を根本的に変える可能性を秘めている。中核的な技術や部品を囲い込んだ企業だけがロボットを作れる垂直統合型から、さまざまな企業が市場で調達可能な技術や部品を組み合わせてロボットを作れる水平分業型への転換である。家電やコンピューターなど多くの産業で起きたことが、ロボットでも始まろうとしている。

 実際、人に近い動作が可能な垂直多関節ロボット、いわゆるロボットアームで異業種からの参入が相次いでいる。冒頭に挙げたオークマの他にも、複合機メーカーのリコーが工場や物流施設などの手作業を代替できるロボットアームの開発を進めており、2019年度中(2020年3月まで)の製品化を目指す。

 ロボットアームは、産業用ロボットの中で最も開発が難しいといわれる。異業種から参入するオークマやリコーは、外部の技術を活用することでその壁を乗り越えた。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら