犯罪の巣窟だといわれている「ダークウェブ」。通常の方法ではアクセスできず、通信経路を秘匿する通信技術を使うなどしないとたどり着けないWebサイトを指す。

 ダークウェブでは、麻薬や児童ポルノなど違法な物品が売買されている。サイバー攻撃や迷惑メール、ネット詐欺などのプラットフォームとしても使われる。

 ダークウェブはサイバー空間に存在するが、そのコンテンツを配信する物理的なサーバーは現実世界に存在する。

 だが、一般的なホスティング事業者はダークウェブに利用させない。違法な使い方をしていることが分かればすぐに停止する。そこでダークウェブ向けのホスティング事業者が登場している。ある事業者のデータセンターは、なんと北大西洋条約機構(NATO)の軍事施設跡地にあった。

600人の警官がアジトを急襲

 ドイツのサイバー犯罪対策国家中央事務所(LZC)とラインラント・プファルツ州警察は2019年9月末、ダークウェブ向けのデータセンターを強制捜査したことを明らかにした。データセンターはNATOの掩体壕(えんたいごう:敵の攻撃から装備や物資、人員などを守るための施設)として使われていた建物を利用していた。

 容疑者は13人。7人はその場で逮捕し、残る6人には逮捕状を発行したという。

ラインラント・プファルツ州警察のプレスリリース
(出所:ドイツ ラインラント・プファルツ州警察)
[画像のクリックで拡大表示]

 掩体壕は英語でバンカー(bunker)なので、このデータセンターは「サイバーバンカー(Cyberbunker)」と呼ばれていた。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら