米連邦捜査局(FBI)は2019年3月末、コンピューターウイルス「メリッサ(Melissa)」の出現から20年が経過したことを公式サイトで公表し、当時を振り返る記事を掲載した。

メリッサ出現から20周年であることを伝えるFBIのWebサイト
(出所:FBI)
[画像のクリックで拡大表示]

 FBIが特定のウイルスに言及するのは珍しい。それほどまでに、メリッサは衝撃的だった。

 まず第一に“新鮮”だった。現在と異なり20年前は、一般のユーザーがウイルスになじみがなかった。メールに添付されて送られてくる場合があることも、ほとんど知られていなかった。

 そして、とにもかくにも被害が大きかった。

 FBIによると、メリッサが感染を広げるメールによって、世界で300以上の企業や政府機関のメールサーバーが過負荷になって使用不能になったという。およそ100万のメールアカウントが影響を受け、推定被害額は8000万ドルに上った。

 メールで感染を広げるマスメーリングウイルスの破壊力を世に知らしめたメリッサ。

 さらに、「アダルト」の誘惑に、多くの人がいかに弱いかも明らかにした。アダルトを餌にしたソーシャルエンジニアリングの先駆けでもあったのだ。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら