ホンダを代表するコンパクトカー「フィット」。その歴史は2001年の初代フィットから始まった。初代フィットは「2001-2002日本カー・オブ・ザ・イヤー」と「2002RJCカー・オブ・ザ・イヤー」をダブルで受賞。車体の細部にまでこだわって開発を続けた結果、発売から10日で約2万3000台も受注するヒット車種となった。ヒットの理由は、妥協なく最高のものづくりを目指したこと。最後の最後までがむしゃらに突き進んだフィット開発陣の姿を描く連載を通して、今開発現場で走り続ける技術者たちに声援を送る。

出典:日経メカニカル 開発の軌跡「ホンダのフィット」
記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。