中村大介
高収益化支援家、弁理士

 今回のコラムでは、上司と部下の視野について取り上げます。

 「長くかかるよ」とつぶやいたのはA社の社長です。A社の開発会議でのことでした。

 A社長を囲んでいたのは、A社の幹部数人と私。話題は、技術の棚卸しでした。A社で技術の棚卸しをした結果、技術的な資産が可視化されていないことが分かったのです。

 A社長の言葉は、参加者の1人である幹部に向けられたものでした。その幹部は直前に、「可視化はできていないが、業務に問題はない」という意味の発言をしていたのです。

 A社長はこの言葉を受けて冒頭の発言をしました。いえ、正確に言えばイラッときたものの、自分の怒りが伝わると幹部含む社員が何も言えなくなると思っていたのでしょう。柔らかめに諭したのだと思います。

 A社長が「長くかかるよ」と言ったのは、A社長の見解が「問題ない」と考える幹部のそれとは真っ向から対立するものだったからです。

 長くなったその会議でのA社長の発言を私なりに解釈するとこうなります。

  • 可視化ができていないと承継できないだろう?
  • 社員が辞めたら、製品を造れなくなる可能性もあるだろう?
  • それを「問題ない」とは言えないだろう?
  • 社長の自分に「やれ」と言わせるつもりか?

 幹部は気まずそうにして、社長と視線を合わせようとはしませんでした。言われたことが図星だったからでしょう。「長くかかるよ」という言葉には、「やれ」とは直接言わないものの、やることを前提に考えるように、という意味があったのです。

社長と幹部のスタンスの違い

 私がA社に関わっていたのは、技術戦略の策定のためでした。本来、技術戦略策定では技術の棚卸しや可視化、承継は本論ではありません。しかし、「承継できない」ことはA社に限らずクライアント企業の課題であることが多いのは知っています。

 そのため、そういう場合には、ある提案をすることにしています。その提案とは、技術資産の可視化と承継の計画を立てることです。一通り提案して現状を共有したところ、冒頭のA社長の発言につながったというわけです。

 先の通り、幹部は「問題ない」と考えるのに対して、A社長は「問題だ」というスタンスでした。なぜこうしたスタンスの違いが起きたのか。それは社長と幹部の時間軸の違いに原因がありました。

 幹部が言いたかったのはこうでしょう。

可視化できていないとはいえ、部下の社員は技術を分かっている。その部下がいるうちは安泰だ。

 要するに、部長が見ていた世界は、自分の任期・ポストだったのでしょう

 一方、社長のスタンスは次のようなものでした。

技術の本質が分かっている部下がどれだけいるのか。シニア技術者だけに頼ることはできない。彼が辞めたら会社はどうなる? このままでは、応用が効かない人が世代交代とともに増えてしまう。

 要するに、社長は自分の任期ではなく、会社の継続的発展の礎(いしずえ)を意識していたのでしょう。

 と、ここまではよくある話です。賢明な読者は、「社長が正しい。長期的視点で考えろって話ね」とツッコミたくなっているのではないでしょうか?

[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら