この男がいなかったら、マツダのスポーツカー「RX-8」は生まれていなかったかもしれない。それどころか、ロータリーエンジンは、もう、この世から消えていた可能性もある。その男の名は田所朝雄。彼がロータリーエンジンの開発に携わるようになったのは、全くの運命の巡り合わせからだった。

田所朝雄
(写真:滑 恵介)

 朝日がまぶたをくすぐり、街の息吹が鼓膜を揺らす。だが、深い眠りのベールは、その柔らかな刺激を闇の静けさに変えていた。

「田所さん」

「……」

「田所さん」

「なんや、今日は休みじゃろ。もうちいと寝かしてくれえや。ゆうべは徹マンじゃったんじゃけえ」

 1963年秋。よく晴れた朝だった。

「何言うとるんですか。今日は試験日でしょうが、一緒に受ける約束をしとった」

「ほうかいのぉ? まあ、ええわ。ワシはやめとくけぇ、あんた1人で行ってきんさい」

「そりゃないですよ。約束じゃけぇ、一緒に行ってもらわんと」

「分かった分かった。行きゃあええんじゃろ。行くけぇ、ちょっと待っとれ」

 田所朝雄、24歳。造船所に勤務する技術者である。今日は東洋工業の入社試験日。そういえば、部下の強引な誘いに、ついつい首を縦に振ってしまったような記憶が…。それが今日か。

 その後社名をマツダに変えることになる東洋工業は、当時3輪自動車の生産を中心とする小さな自動車メーカーにすぎなかった。しかし業容は急激に拡大しており、作業員を含めれば年間5000人規模の大量採用を進めていた。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら