自動運転車向け外界センサーは、カメラ、LiDAR、レーダーといった異種のセンサーを組み合わせて情報を融合させる「センサーフュージョン」で2020年前後に実用化された後、新型で普及しそうだ。新型は、厳しい環境下にあっても高分解能での測距が可能である。既存のセンサーを単純に進化させたものではなく、既存の異種センサーの強みを盛り込んだデバイスになる。ここへ来て開発が活発化している。
図1 「組み合わせ」から「良いとこ取り」へ
自動運転車向け外界センサーは、カメラ、LiDAR、レーダーといった異種のセンサーを組み合わせて情報を融合させる「センサーフュージョン」で2020年前後に実用化された後、新型で普及しそうだ。新型は、厳しい環境下にあっても高分解能での測距が可能である。既存のセンサーを単純に進化させたものではなく、既存の異種センサーの強みを盛り込んだデバイスになる。ここへ来て開発が活発化している。

LiDAR×レーダー×カメラ、大競争時代の新技術