米マイクロソフト(Microsoft)は2019年2月24日、新型のMR(Mixed Reality)用ヘッドマウントディスプレー(HMD)「HoloLens 2」を2019年内に発売すると発表した。従来機種の「HoloLens」に比べて、視野を広げ、操作ユーザーインターフェース(UI)を改善するなどした。この連載では、初代となるHoloLensを分解し、その構造を分析する。(前回はこちら



 HoloLensは、自己位置を推定するSLAM(Simultaneous Localization and Mapping)処理やユーザーのジェスチャー認識のために、多数のセンサーを搭載する。その多くは、筐(きょう)体前面の細長く立体的な台座となる部品に実装している(図1)。台座の部品は亜鉛ダイカスト注1)製とみられ、剛性が高い。「センサーの角度が少しでもずれるとSLAMが正しく機能しないため、製造誤差の少ないダイカストを採用したのではないか」(メカ設計に詳しい技術者B氏)。

注1)亜鉛ダイカスト=亜鉛を金型に圧力をかけて流し込む鋳造法。引っ張り強さ、耐衝撃性、硬度の高さの3点で優れる。
図1 周囲を認識する多数のセンサー
HoloLensは空間認識や音声認識のために多数のセンサーを搭載している。本体中央の深度センサーは、拡大写真のロゴからパナソニック製と推定した。左右に2つずつある環境認識カメラはOmniVision製、プラスチックカバーに実装している左右2つずつの音声認識用MEMSマイクは米Cirrus Logic製。(部品の種類やメーカー名はテカナリエの清水洋治氏の解析または本誌推定。写真:センサーはテカナリエの清水洋治氏、センサーモジュールとプラスチックカバーは加藤 康氏)
[画像のクリックで拡大表示]

 台座の左右両端に2つずつあるのはSLAM処理用の環境認識カメラで、米オムニビジョン・テクノロジーズ(OmniVision)のCMOSセンサー「OV2F0AC」を使用している。左右の映像をステレオマッチング処理することで、空間の立体形状を認識する。左右それぞれに角度の異なるカメラを2つ搭載している理由は、「何もない壁などを正面から見たときでも、壁の端などに特徴点を見つけて確実にSLAMを動かすため」(前出の技術者A氏)とみられる。

 MicrosoftはこのCMOSセンサーをタブレット端末「Microsoft Surface Pro 4」でも採用している。採用実績のあるセンサーを今回も搭載したようだ。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら