ソニーは、低コストで小型化が可能なマルチスペクトルイメージセンサーを開発中である。波長選択型の光学フィルターをイメージセンサー前面に低コストで形成する技術を使う。光学フィルターは、半導体の前工程で作り込む。透過させたい波長に対して微小な構造を周期的に作ることで実現している。プラズモニクスの原理で光の透過特性を制御する。機械加工したガラス部品などによる光学機構を使うよりも小型で低コストにできる。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら