イメージセンサーや画像処理、画像認識といったカメラ分野に新技術が続々と登場している。撮影シーンや周囲の状況までを瞬時に把握できる知性を備えたカメラ技術、CMOSイメージセンサーに測距機能を追加する技術、波長別に撮像する技術、1000フレーム/秒の高速撮像を実現する技術などだ。新技術を紹介する。

人の知性を超える
イメージセンサーや画像処理技術、画像認識技術といったカメラ技術は、これまで人間の知覚を超えることを目標に開発が進められてきた。技術開発のけん引役となる主要なアプリケーションは、デジタルカメラや携帯電話機だった。これからは、自動車やドローン、監視カメラ、FA機器といった産業機器がけん引役となる。そのため、人の知性を超えることが開発目標になる。
[画像のクリックで拡大表示]
出典:日経エレクトロニクス、2017年5月号 pp.27-53
記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。