経路案内の矢印や、飛び出しを警告するアイコンなど、車両前方の風景に重ねて表示するAR(拡張現実感)――。カメラの普及を追い風に、2017年にクルマで採用が始まった。運転中の安全性や利便性を高められるからだ。自動運転技術の進化に合わせて、2020年ごろから一気に採用が広がっていく。

 先手を打ったのがデンソーだ。同社は2017年にARを採用したHUD(ヘッド・アップ・ディスプレー)を量産し、トヨタ自動車の旗艦セダン「レクサス LS」向けに供給を始めた。フロントウインドーに表示する矢印で、歩行者がいる所を示せるようにした。運転者に注意喚起する。

 ドイツ・コンチネンタル(Continental)も近年中に量産を始め、欧州の高級車メーカーを中心に供給したい考えだ。さらに日本の部品メーカー各社が、2020年前後の実用化を目指して開発に力を入れている(図1)。

図1 ARは自動運転の水準が上がるにつれて進化する
2017年にARを採用したクルマの量産が始まった。フロントウインドーに表示する矢印で、歩行者がいる所を示す。自動運転の水準が上がるにつれて、安全性や利便性を高める情報を表示できるようになる。2025年ごろには、ゲームのコンテンツや広告などを映し、新しいビジネスが始まる。四角枠内にARに表示する主な内容、吹き出しに必要な技術を記した。(日経 xTECHが作成)
[画像のクリックで拡大表示]

 ARは、運転者が見ている風景に文字やイラストなどを重ねて表示する技術。HUDで生成した映像をフロントウインドーに反射させ、その映像と対象物の位置を重ね合わせるように制御して実現する。対象物の認識にカメラを使うのが、従来のHUDとは異なる。運転者が前方に向けた視線を動かすことなく、必要な情報を得られるため安全になる。

 ARの採用が始まる背景にあるのは、HUDに加えて、運転支援システム用のカメラが急激に普及してきたことだ。HUDで表示する映像の位置合わせに、カメラの認識結果を使い回せる。高価なカメラを新しく追加することなく、ARを実現する環境が整ってきた。

BMW、マツダも検討

 自動車メーカーも準備を進めている。例えばドイツBMWは2016年に、ARを積極的に活用したコンセプト車を発表した(図2)。見えにくい場所から接近する自転車に重ねて、注意を喚起するイラストを映す。さらに、自転車が動くのに追従してイラストを動かすことも提案する。日系メーカーではトヨタ自動車に加えてマツダなどが、安全性の向上に着目して、ARを採用する検討を始めた。

図2 BMWが発表したARを採用したコンセプト車
(a)「BMW VISION NEXT 100」の外観。(b)障害物などの死角から接近する自転車に、注意喚起のイラストを重ねて表示する。(出所:BMW)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら