クルマの表示デバイスは、2040年に向けて役割が大きく変わる(図1)。現在は運転支援システムの補助役として、運転者だけに情報を伝えているが、2025年以降は室内全体に映し出せるようになる。表示内容は、安全情報からエンターテインメントのコンテンツに広がっていく。

図1 表示デバイスの陣取り合戦が激化
高級車から軽自動車まで搭載が進むHUD(ヘッド・アップ・ディスプレー)。2020年以降は、ウインドーの広範囲へ情報を表示する技術が続々と実用化しそうだ。さらに空中に立体映像を表示するホログラム技術の適用を見込む。(各社の発表資料を基に日経 xTECHが作成)
[画像のクリックで拡大表示]

 直近で進化する表示デバイスがHUD(ヘッド・アップ・ディスプレー)だ。運転者の視線移動を減らし安全性を向上できる。調査会社の富士キメラ総研の予測では2016年のHUDの世界市場は747億円、これが2025年には約4倍の3058億円に達するという。

 日本精機やデンソー、ドイツ・コンチネンタル(Continental)などHUDを手掛けるメーカーに加えて、三菱電機やパイオニア、アルプスアルパインなどが続々と参入を表明。覇権争いは激しさを増している。

AR表示できるHUD

 安全性の向上を追求し、2017年にはAR(拡張現実感)を適用したHUDの量産が始まった。ARは、経路案内の矢印や人の飛び出しを警告するイラストなどを、車両前方の風景に重ねて表示する。HUDで生成した映像をフロントウインドーに反射させ、その映像と対象物の位置を重ね合わせるように制御して実現する。

 AR表示を可能にしたHUDはデンソー製で、トヨタ自動車「レクサスLS」が搭載する(図2)。Continentalは欧州の高級車へ供給を目指して同様のHUDを開発中だ。さらに、リコー子会社のリコーインダストリアルソリューションズは、AR表示を実現するHUDの光学表示系ユニットを開発し、2020~2021年の量産を目指す。HUDメーカーや車両メーカーに売り込む。

図2 AR(拡張現実感)の適用でより安全に
デンソーがトヨタ自動車「レクサスLS」に供給するHUDは、歩行者がいるところを矢印で示せるようにした。(出所:デンソー)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら