写真の左手前に長さ280mのPC7径間連続中空床版橋、その奥に同244.5mのPC6径間連続中空床版橋を架設する。前者は三井住友建設・みらい建設工業JVが、後者は五洋建設・ドーピー建設工業JVがそれぞれ施工。写真右がアイランドシティ(写真:日経コンストラクション)
[画像のクリックで拡大表示]

 博多湾を埋め立てた人工島「アイランドシティ」と既設の福岡高速1号線香椎浜ランプ付近とを結ぶ延長2.5kmの「福岡高速6号線」の工事が進んでいます。福岡北九州高速道路公社と国土交通省九州地方整備局、福岡市が合併施行で事業を進め、2020年度の完成を目指しています。

 国交省が担当する約1.1kmの橋梁区間のうち、合計およそ640mに採用するのが、現場打ちプレストレスト・コンクリート(PC)の中空床版橋です。床版の内部に型枠を埋め込んで空洞を設けることで、上部構造の軽量化を図ると同時に、薄く軽快なデザインを実現します。とはいえ、長くなると自重が増えるため、従来は支間30m程度が限界でした。

 ところが、この現場では中空床版橋として国内最長となる支間約40mを実現しました。埋設型枠の素材と形状を工夫したのが理由です。次のうち、どんな埋設型枠を使ったでしょうか。

  1. 断面が円形の鋼管
  2. 断面が四角形の石こうボード
  3. 断面が五角形の発泡スチロール

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら