土木分野の知っておきたい知識をクイズ形式で紹介する「ドボクイズ」。日経 xTECH日経コンストラクションに掲載した記事などを基に出題します。あなたは土木にどれくらい精通しているでしょうか。

(写真:大村 拓也)
[画像のクリックで拡大表示]
(写真:大村 拓也)
[画像のクリックで拡大表示]
位置図(資料:日経コンストラクション)
[画像のクリックで拡大表示]

 東京港沖合の2つの埋め立て地に挟まれた幅約200mの東西水路。2020年東京五輪でボートやカヌーの競技会場となるこの水路に18年8月、長さ249.5mのアーチ橋「東西水路横断橋」が架かりました。

 アーチの鋼重は6230t。仮設の治具などを含めると総重量は7000tを上回ります。架設時は上下方向の高さ調整を慎重に実施する必要がありました。

 施工者は高さ調整のために、3つの手段を組み合わせました。1つはアーチを下から仮支えする油圧ジャッキの昇降、もう1つはアーチを積んだ台船内にあるバラストタンクの注排水です。あと1つは何でしょうか。

  1. 特殊なクレーン船
  2. 水中の巨大浮き輪
  3. 潮の満ち引き

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら