USB Promoter Groupは2019年3月、機器間インターフェース「USB」の次世代仕様「USB4」の仕様を策定中であることを明らかにした。実に約10年ぶりの世代更新となる。注目すべきはそのスペックだけではない。USBで強まる米アップル(Apple)の影響力だ。それはType-Cコネクターの登場から始まった。本連載ではType- CからUSB4までの進化とその糸を操るアップルの動きを振り返る。

 「新型iPad ProがUSB-C(Type-C)コネクターを採用したのは正直驚いた」(USBに詳しいある電子部品メーカーの社員)――。米Apple(アップル)が2018年10月30日(現地時間)に発表したタブレット端末「iPad Pro」の新機種のことだ(関連記事)。従来機に比べてさまざまな性能向上や変更点がある中で、機器間インターフェース業界で注目を集めたのが、コネクターを従来の「Lightning(ライトニング)」からUSB Type-Cに変更したことである。

 多くのAndroid端末(スマートフォンやタブレット端末)がType-Cコネクターを採用する中で、アップルはパソコンにはType-Cコネクターを採用していたものの、iPhoneシリーズやiPadシリーズといったiOS端末では、かたくなに独自のLightningコネクターを搭載し続けていた。2018年9月に発表されたiPhoneシリーズの新機種でも、Lightningコネクターを採用している。そんな中、その翌月に発表されたiPad Proの新機種ではいともあっさりとType-Cコネクターを採用したのである。

iPad Proの新機種(写真:アップル)
[画像のクリックで拡大表示]

Type-Cは「アップル色」が濃い

 Type-Cは2014年に仕様が策定されたコネクターで、そもそも「アップルの要請でType-Cの仕様策定が始まった」と、USB規格に詳しい技術者は口をそろえる(関連記事)。欧州市場で、環境負荷低減のために、携帯電話機などの電源端子をMicro USBで統一し、ACアダプターを削減すべきとの要求が強かったためである。ところが当時、アップルはiPhoneやiPadでLightningコネクターを採用していた。

 そこでアップルは、同社の望む機能を盛り込んだ小型USB端子の仕様策定に乗り出したとされる。実際、Type-Cの仕様書に記載された策定メンバーを見ると、アップルの関係者が多く参加していた。

 Type-Cがアップル向けの規格であることは、搭載された機能を見れば分かりやすい。アップルが望む機能に対応していたからだ。その代表例は、裏表どちらでも挿入できる「リバーシブル」に対応すること。これはLightningで採用された機能である。

 最大100W(20V、5A)を供給できる給電仕様「USB Power Delivery Specification(USB PD)」への対応も、アップルが好む機能だ。USB PDの登場前に大きな電流を流せた仕様は、「USB Battery Charging(USB BC)」で5V、1.5Aだった。アップルはUSB PDが登場する前から、iPadにおいてUSB経由でありながら2Aと大きな電流で急速充電できるようにしていた。現在ではこうした急速充電は当たり前だが、当時は珍しかった。アップルが大電流による急速充電を強く求めていた証左である。

 このほか、「Alternative Mode」と呼ぶ動作モードで、Type-Cコネクターで「DisplayPort(DP)」や「Thunderbolt」などの他の映像系の機器間インターフェースの信号を伝送できることも、アップル好む仕様と言える。

Type-Cのプラグ(コネクターの挿し側)の開口部(出典:日経エレクトロニクス)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら