USB Promoter Groupは2019年3月、機器間インターフェース「USB」の次世代仕様「USB4」の仕様を策定中であることを明らかにした。実に約10年ぶりの世代更新となる。注目すべきはそのスペックだけではない。USBで強まる米アップル(Apple)の影響力だ。それはType-Cコネクターの登場から始まった。本連載ではType- CからUSB4までの進化とその糸を操るアップルの動きを振り返る。

Type-Cコネクターのレセプタクルとプラグの例(図:Type-Cコネクターの仕様書)
[画像のクリックで拡大表示]

 Android端末の多くが標準的なMicro USBコネクターを搭載するのに対し、「Lightningコネクター」を始め、「iPhone」や「iPad」に独自のコネクターを搭載し続けてきた米アップル(Apple)。その同社が、iPhoneやiPadに標準的なUSBコネクターを搭載する可能性が高まっている。契機になるのが、USBの新しいコネクター「Type-C」である。

 同コネクターは、開口部の大きさをMicro-Bコネクター並みに小さくしながら、最大データ伝送速度10Gビット/秒のUSB 3.1に対応したもの。レセプタクルの開口部の大きさは、約8.4mm×2.6mmである。2014年8月に仕様策定を終えた。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら