ZOZOがプライベートブランド(PB)で配布している体形計測スーツ「ZOZOSUIT(ゾゾスーツ)」。日経 xTECHの独自調査で、注文者の約4割が着用していなかったり、着用していても計測に失敗したりするなど、実質計測をしていない事実が浮き彫りになった。

 調査では、計測後に顧客がPB商品を注文したかを聞いた。結果、計測に成功した約6割の顧客のうち、その後PB商品を注文したのは57.4%。4割以上がPB商品を注文していなかった。

ゾゾスーツを着用して計測に成功した顧客のうち、PBを注文したのは約6割
[画像のクリックで拡大表示]

 PB商品に対する満足度は、「大変満足」「まあまあ満足」を合計すると80.8%と高い。PB商品を購入した顧客のうち8割以上が満足している結果となった。

PB商品を注文した顧客の8割以上が満足
[画像のクリックで拡大表示]

 一方、PB商品を注文しなかった4割の顧客にその理由を聞いたところ、「自分の体を計測することだけに興味があったから」が56.8%と最も高かった。商品自体に魅力を感じなかったとの回答も4割以上だった。

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら