(写真:123RF)

長らく日本の基幹システムを支えてきたCOBOLは、2019年で生誕60周年、つまり還暦を迎えた。そんなCOBOLは今、どんな状況に置かれているのか。アンケートや取材などから明らかにする。