台湾の華碩電脳(エイスース、ASUS)がセンセーショナルなノートPC新モデル「ZenBook Pro Duo」を発売した。久々に見る2画面パソコンで、かつしっかりとしたキーボードが付いているのがポイントだろう。つまり2つめのディスプレーは、パームレストに相当するスペースに搭載されているのだ。パームレストが無くなった代わりにキーボードは手前に下がり、必要に応じて外付けのパームレストを取りつけられる。

 CPUに8コアのCore i9を搭載し、グラフィックスはGeForce RTX2060というハイエンド構成である点も見どころだ。価格も立派で上位モデルは46万6500円、下位モデルでさえ36万1500円(いずれも直販価格、税別)となっている。

 久々に見る、良い意味で常軌を逸したパソコンの完成度はいかばかりか。担当者へのインタビューを交えながら詳しくレビューしていこう。

ZenBook Pro Duoは2画面を採用する斬新なモデルだ
(撮影:アバンギャルド、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

ターゲットはクリエーターだった

 この超高性能のPCは、どんなユーザーに向けて開発されたのだろうか。まずはそこが気になった。

 ASUS JAPANシステムプロダクトマーケティング マーケティングスペシャリストの熊谷歩美氏は「映像制作、画像編集、Webデザインなどを手掛けるコンテンツクリエーターをターゲットにしている。このカテゴリーで強いのはMacだと思うが、Windowsに目を向けてくれるきっかけにしたい」と話す。

ASUS JAPANシステムプロダクトマーケティング マーケティングスペシャリストの熊谷歩美氏
[画像のクリックで拡大表示]

 つまりエイスースは、そもそも大量に売れるモデルとして考えていないわけだ。ちなみに、このモデルは発売当初は日本以外に3カ国でリリースされたが、日本が一番好評だったという。現在はより多くの国で販売されている。

 クリエーター向けとして、超高性能であるというのは確かに理にかなっている。だが、このカテゴリーも競争は厳しい。Macも強いし、Windowsのデスクトップを使っている人も多い。そしてこの価格だと、同じ性能のデスクトップPCのほうが安くあがる。

 だから、2画面で勝負しているわけだ。

正面から見た2画面の様子
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら