2002年を代表するヒット作になった5代目「フェアレディZ」。この開発は、水野和敏の個人プロジェクトとして動き始めた。一技術者による、1人だけの開発プラン。だが、会社はそれを認めない。走り出す前から、水野は窮地に立たされていた。

 1996年、銀座の日産自動車での開発役員会議の席だった。水野和敏は、役員からの容赦ない「口撃」にさらされていた。

 そういえば、同じようなことがあったっけ。数年前の記憶がよみがえる。あの時と何も変わらない。いや、セリフは全く逆だったけれど。

 それは、水野が市販車部門からレース部門に異動したての頃だった。「ちょっとピット裏のトイレまで来い」。呼び出された水野は、レース一筋の技術者に取り囲まれ、こうののしられた。

 「市販車あがりが何を言う」

* 横浜市に移転する前の日産の本社。

論外、問題外、却下

水野和敏
日産の伝説のエンジニア。「Z」の車両開発責任者(チーフ・ビークル・エンジニア;CVE )を務めた。(写真:栗原克己)。
[画像のクリックで拡大表示]

 水野が提案したのは「全ては人間のために」というコンセプトを掲げたシャシーの開発だった。

 「クルマのために人間が譲るようなことがあってはいけません。スペック優先で人間を忘れてもいけません」

 話は具体的になる。

 「まず、タイヤの接地面を横長から縦長にします。前後の重量(質量)配分はセダンで52%、スポーツで53%。これは厳密に守っていただかないと。そして、アーム類は全てアルミニウム合金でいきます。コストがかかっても、ばね下の軽さには代えられません」

 役員の反応は、冷たかった。

 「そんなこと言ってもね。レースカーじゃないんだから」

 「そんな趣味みたいな開発が許される時代じゃないんだよ、今は。全くレース屋くずれは世の中の厳しさがちっとも分かっておらん。こんなのが居るから困るんだ」

 厚木のテクニカルセンターへ戻るクルマの中でも、水野はこのシーンを反復し続けた。思い出すだに腹が立つ。何てやつらだ。分かってないのは自分たちの方だろ。

 やり場のない怒りが、全身を満たす。

 「やってらんねぇ。辞めてやる、こんな会社」

 ここで水野が辞めていたら、5代目「フェアレディZ」、通称「Z」は生まれていなかった。

1991年富士500kmレースでの「Cカー」
前が「R91CP」で後ろは「R90CP」。(出所:日産自動車)。
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら