かつて倒産の危機からV字回復を遂げた日産自動車。その完全復活を印象づけたのが、2002年に発売された5代目「フェアレディZ(通称、Z)」だった。究極の貴婦人という名を持つ、同社を代表するスポーツカーだ。開発を率いたのは、伝説の自動車開発者である水野和敏氏。発売するや否や人気となったクルマだが、開発の道のりは決して平坦ではなかった。同氏を筆頭に開発に集った技術者たちが「Z」に注いだ情熱は、現在開発の現場で戦っている技術者たちの心を鼓舞する。

出典:日経メカニカル 開発の軌跡「フェアレディZ」
記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。