「GAFA」と呼ばれる米国の大手IT企業が、人工知能(AI)の心臓部まで支配しようとしている。Google、Apple、Facebook、Amazon.comが、それぞれAI処理専用の半導体、いわゆるAIチップの開発に乗り出した。まずはクラウド側で使うサーバー機向けが中心だが、いずれは自動運転車やロボットといったエッジ側の製品にも進出しそうだ。既存の半導体メーカーや自動車部品メーカー、大手電機メーカーなど同様な狙いを抱く企業は数多い。製造業の将来にも大きく影響するAIチップを巡る大競争が始まった。

 今後、市場拡大が本格化しそうなのがエッジ側の機器に向けた組み込みAIチップだ。既にスマートフォンでは、AI処理の専用回路を内蔵するSoCを使う例が増えつつある。先陣を切ったのは米Apple。2017年秋に発売した「iPhone X」など向けのアプリケーションプロセッサー「A11 Bionic」に、AI専用回路「Neural Engine」を搭載した(関連記事)。2018年には第2世代のNeural Engineを備える「A12 Bionic」を最新のiPhoneに組み込んだ。このほか中国Huaweiなども自社のスマートフォンに同様な回路を採用している。

AppleのNeural Engineは2世代目に
米Appleの最新iPhone向けSoC「A12 Bionic」は、第2世代の「Neural Engine」を採用した。(出典:同社の動画(https://www.apple.com/jp/apple-events/september-2018/)から)
[画像のクリックで拡大表示]

自動運転車向け市場が拡大へ

 今後広がるのが、2020年代初頭にかけて製品が登場する自動運転車向けのAIチップだ。2018年12月に米Googleの関連会社、米Waymoが自動運転車を使ったタクシーの有料サービスを米国で開始するなど、人が運転しないクルマの実用化は始まりつつある。自動ブレーキ向けの画像処理チップで名を馳せInte社が買収したイスラエルMobileyeや、多くの自動車メーカーと提携する米NVIDIA、車載用画像処理チップで手を組んだデンソーと東芝をはじめ、多くのメーカーがしのぎを削っている(関連記事)。このほか、監視カメラへの内蔵や、製造装置の故障診断といった用途でもAIチップの採用が広がっていくだろう。

CPU、GPU、AI専用回路などを集積
米NVIDIAの自動運転車向けプロセッサー「Xavier」は、CPUコアに加えて、AI処理を想定した8ビット整数の行列演算回路を組み込んだGPU、さらにはAI処理の専用回路DLA(Deep Learning Accelerator)などを集積している。(出典:「GTC Japan 2018」での同社CEO Jensen Huang氏の発表資料(https://www.nvidia.com/content/apac/gtc/ja/pdf/2018/1001.pdf)から)
[画像のクリックで拡大表示]