「GAFA」と呼ばれる米国の大手IT企業が、人工知能(AI)の心臓部まで支配しようとしている。Google、Apple、Facebook、Amazon.comが、それぞれAI処理専用の半導体、いわゆるAIチップの開発に乗り出した。まずはクラウド側で使うサーバー機向けが中心だが、いずれは自動運転車やロボットといったエッジ側の製品にも進出しそうだ。既存の半導体メーカーや自動車部品メーカー、大手電機メーカーなど同様な狙いを抱く企業は数多い。製造業の将来にも大きく影響するAIチップを巡る大競争が始まった。

 2018年11月、米Amazon.com傘下でクラウド事業を手掛ける米Amazon Web Servicesは人工知能(AI)の処理を高速で実行できる独自半導体「AWS Inferentia」を発表した。学習済みのAIを使った推論処理用のチップで、2019年後半に同社のクラウドサービスで利用可能になるという。AIの高速化に通常使われるGPUと比べて、運用コストを桁違いに引き下げる狙いだ(関連記事AWS社の講演の動画 )。

 同様のチップを開発する企業はAWSに限らない。Amazon.com に米Google、米Apple、米Facebookを加えたITのトップ企業群「GAFA」の全てが、独自のAIチップを手掛けている。GoogleやAppleは、開発したチップを既に自社のサービスやスマートフォンに適用済みだ。Facebookも、AIなどに向けた半導体を開発する人材を募集している。

 他にも中国のIT大手や既存の半導体メーカー、日本国内の大企業やスタートアップまで、AIチップの開発を進める企業は世界中に山ほどある。独自のチップを通じた自社製品の機能強化や、チップ自体の業界標準化が狙いだ。AWSのようなクラウドサービスで使うだけでなく、スマートフォンから自動運転車、ロボットといった組み込み用途への展開も射程に入れる。AIの活用がものづくりの世界にも広がりつつある今、製造業に携わる全ての企業にとって見逃せない動きだ(関連記事)。

独自のAIチップ「Inferentia」を発表
米Amazon Web ServicesのCEO、Andy Jassy氏は、2018年11月に開いた自社イベントで独自のAIチップの開発を発表した。(出典:同社の動画(https://www.youtube.com/watch?v=ZOIkOnW640A)から)
[画像のクリックで拡大表示]