2018年8月にニコンが満を持して発表した新世代ミラーレス一眼カメラ「Zシリーズ」。同社としては初めてフルサイズセンサーを搭載したミラーレス一眼カメラで、口径55ミリの新マウント「Zマウント」を採用するなどした野心作だ。同シリーズに込めた作り手の思いを4回にわたってお届けしている。

 最終回となる第4回は、開発3部門のリーダー、村上直之氏(ニコン 映像事業部 開発統括部 第一設計部長)、橋本信雄氏(同社 映像事業部 デザイン部長)、鈴木剛司氏(同社光学本部 第三設計部長)それぞれにZシリーズの今後の展開を中心に話を聞いた。

Zシリーズの開発モックアップの1つを手に持つ
(写真:栗原克己)
[画像のクリックで拡大表示]

撮影者のノイズとなりかねない要素を極力排除

新しい「NIKKOR Z」レンズはレタリングの文字などの色使いをはじめ、デザインの細部がこれまでの「NIKKOR F」レンズとイメージが違います。やはり意識的に変更した部分なのでしょうか?

橋本 信雄氏(デザイン担当、以下橋本氏):NIKKOR Fレンズの特徴的な金色のラインなどの意匠は、今までの歴史が積み重なってできています。例えば、ここに持ってきたNIKKOR Fレンズの「AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VR」には、型番の脇に「N」をかたどったマークが入っています。これはレンズ反射防止コーティングの「ナノクリスタルコート」を施したという意味のマークです。NIKKOR Zレンズは、発売済みのすべての製品でナノクリスタルコートを施していますが、それらにはあえて「N」マークを入れていません。

映像事業部 デザイン部長 橋本信雄氏
ニコン製品全般のボディー外観やUI、外箱などのデザイン全般を手掛ける部署を統括。ニコンZシリーズでもその取りまとめを行った。(写真:栗原克己)
[画像のクリックで拡大表示]

橋本氏:NIKKOR Fレンズとして歴史を刻み、新たな機能や仕様が盛り込まれるたびに増えていった意匠を、Zシリーズはできるだけ抑える方針でした。撮影者にとってノイズとなりかねないものを極力排除して、シンプルにする意図を持ってのことです。一方で、Zシリーズのユーザーなどから、従来のように仕様を装飾として盛り込んでほしいという要望も出てきています。今後、進化発展させていかなければならない部分であると考えています。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら