EMS(電子機器製造サービス)のユー・エム・シー・エレクトロニクス東莞工場〔三和盛電子制品(東莞)有限公司〕は、同社のマザー工場として、生産技術を開発・改良して自らに適用するとともに、日本国内を含めた他の工場に生産技術を展開する役割を担う(図1*1。電気自動車(EV)用の充電器、DC/DCコンバーターをはじめとする車載機器を手掛け、顧客の自動車部品メーカーと製品開発の初期段階から共同で工程を設計し、生産設備を整える。これまで多様な製品の生産を担った経験から、顧客の要望に合わせて多様な工程と設備を提案できるのが強みだ。

図1 UMCエレクトロニクス東莞工場
法人名は三和盛電子制品(東莞)有限公司。広東省東莞市鳳崗鎮に所在する。設立は2004年12月、延べ床面積/3万m2、従業員/4677人で車載機器、産業機械用機器を生産する。(写真:UMCエレクトロニクス)
[画像のクリックで拡大表示]

 その強みを追求する中で、同社は自動装置やAGV(自動搬送車)、治工具、からくりを応用してワークを扱う装置、部品トレーなどを自ら設計、製造する取り組みを推進。ムダをなくした低コストのラインを構築し、進化させてきた。同社はこれをLCA(ローコスト・オートメーション)と呼んでいる。

*1 日本国内の工場は、本社工場(埼玉県上尾市)、上尾工場(同)、宮崎工場(宮崎県都城市)、佐賀工場(佐賀県神埼市)の他、日立製作所の出資を受けたUMC・H エレクトロニクスの秦野工場(神奈川県秦野市)、郡山工場(福島県郡山市)がある。海外は、中国の東莞工場と橋頭工場(東莞市橋頭鎮)、ベトナム工場(ハイズン省)、タイ工場(チャチュンサオ県)、メキシコ工場(ハリスコ州ラゴスデモレノ市)がある。

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら