パナソニック コネクティッドソリューションズ社の神戸工場が、協働ロボットや画像認識技術を活用したスマート工場化を進めている(図1)。同工場は、ノートパソコン(ノートPC)の「レッツノート」や「タフブック」、業務用タブレット端末「タフパッド」などを生産するマザー工場(図2)。「一品一様」「人の経験に頼らない高品質」「トレーサビリティ+予兆管理の進化」「納期短縮」の4つの軸でスマート化に取り組んでいる。

図1 パナソニック コネクティッドソリューションズ社の神戸工場
「レッツノート」や「タフブック」などの同社モバイル端末製造のマザー工場。(出所:パナソニック)
[画像のクリックで拡大表示]
図2 神戸工場で生産する製品群
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら