知られざる秀作ゲームの裏側を紹介するこのコラム。今回は前代未聞級の異色作を紹介します。その名も『マドリカ不動産』(ギフトテンインダストリ)です。

間違えました! これじゃ不動産屋違いです、すみません……(イラスト:闇雲)
[画像のクリックで拡大表示]

 2018年10月にまずNintendo Switch向けで登場、2019年2月にPC版「Madorica Real Estate」もリリースされました。Switch版は任天堂の公式ダウンロード販売で、PC版はゲーム配信サービスの「Steam」経由で入手できます。

『マドリカ不動産』(ギフトテンインダストリ)
2018年配信のゲームの中でも屈指の「異色作」、数々のゲームマニアが本作のアイデアにうなった(出所:ギフトテンインダストリ (c)GIFT TEN INDUSTRY.K.K 2018)
[画像のクリックで拡大表示]

ビデオゲームなのに「紙と鉛筆」が必須

 マドリカ不動産のどこがすごいのか?  まず、これまでに存在したどんな家庭用ゲームにも似ていません。これ、ソフトをダウンロードするだけでは遊べません。任天堂のオンラインストア「ニンテンドーeショップ」などでダウンロード販売しているゲームなのに、ダウンロードするだけでは遊べないのです。

マドリカ不動産の見た目はシンプルな3Dパズルゲーム
隠されているヒントを基に謎を解いていく(出所:ギフトテンインダストリ (c)GIFT TEN INDUSTRY.K.K 2018)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら