総合技術監理部門の口頭試験の想定問答例について以下に示す。このような想定問答集を作成して、訓練しよう。総合技術監理部門でのポイントは「既に技術士である」ことが前提なので、その点を意識してほしい。

1. 受験の動機を教えてください。

解答例:「技術士よりもさらに高度な仕事がしたかったからです」

2. あなたは発注者の立場ですが、総合技術監理部門は不要ではないですか?

解答例:「請負者に指示をしたり、請負者の技術を評価したりするために総合技術監理的な技術が必要です」

3. では、総合技術監理部門の技術士を取得したらどうしますか?

解答例:「より高度な仕事をしたいですし、名に恥じないよう、自己研鑽(けんさん)にも努めます」

4. 今までの経歴を簡単に説明してください。

解答例:「若いころは○○の業務が主体でした。近年は△△が多く、最近では□□の業務の総合技術監理を担当しております」

5. 業務経歴票に詳述された業務の概要を簡潔に述べてください。

解答例:(かいつまんで、「概要や問題点をどう考えて、こう解決した」と説明してください)

この先は有料会員の登録が必要です。「日経コンストラクション」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら