企業でも家庭でも長らく利用されてきたWindows 7の延長サポートが、2020年1月に終了する。それ以降は、セキュリティーに関するアップデートが基本的に提供されなくなるため、少なくともインターネットにPCを接続して利用するのは危険だ。

 そうなると、Windows 10がインストールされた新しいPCへの買い替えが必要になってくる。では、自分に合った買い替え先のPCを見つけるには、どのようなポイントに注目すべきなのだろうか。

 そこで本特集では、ノートPCの買い替えを検討しているユーザー向けに、重要なチェックポイントを解説していく。今回は大きさや重さ、形状についてのトレンドを整理する。

普段どのような場所でノートPCを利用するかで、最適なサイズや重さが決まってくる
(撮影:竹内 亮介)
[画像のクリックで拡大表示]

社内だけで使うならA4サイズのスタンダードタイプ

 まずは、普段ノートPCをどう使っているかを振り返ってみよう。オフィス内や家庭内でしか利用しないのであれば、大きさや重さはあまり考えなくてもよい。最近の個人向けA4ノートPCや、企業向けのスタンダードノートPCは、ディスプレーのパネルサイズが14~15インチで、重さ1.5~2キロのモデルが主流だ。性能にこだわらなければ、実勢価格も5万円前後からとかなり安い。

マウスコンピューターの「m-Book B507S-M2S1」は、15.6型液晶を搭載したスタンダードなA4ノートPC。直販価格は税別8万2800円から
(出所:マウスコンピューター)
[画像のクリックで拡大表示]

 社内の打ち合わせやプレゼンテーションなどにノートPCを持って移動する機会がある人でも、このくらいのサイズや重さであれば負担にならない。また15インチ以上のディスプレーを搭載するタイプは、キーボードにテンキーが付いていることが多い。表計算ソフトで数字を入力する機会が多いなら、こうしたタイプを選ぶと快適に作業できる。

テンキーがあるだけで、表計算ソフトの作業はかなり楽になる
(撮影:竹内 亮介)
[画像のクリックで拡大表示]