デジタル化を担う人材3000人に対し、主要IT企業22社に関するイメージを尋ねた。その結果を報告する。今回は「経営者にカリスマ性がある」企業を挙げてもらった。

 デジタルの仕事を担う3000人を対象に実施した調査で、主要IT企業22社に対するイメージを調べた(調査概要は本文末尾)。今回は経営者のカリスマ性を取り上げる。

 デジタル人材が最も「経営者にカリスマ性がある」として挙げたのは、1348票を得たソフトバンクだ。無回答を除く回答者2368人の約57%が同社に票を投じた。

 ソフトバンクグループを率いる孫正義会長兼社長は1981年の創業からパソコンの時代、ネットの時代、モバイルの時代、そしてAI(人工知能)・IoT(インターネット・オブ・シングズ)の時代へと事業の柱を刷新しつつ、一貫して経営の最前線に立ち続けてきた。カリスマと評価されるのは順当だろう。

 2番目に多かったのは前沢友作社長が創業したZOZO(1161票)、3番目に多かったのは三木谷浩史会長兼社長が創業した楽天(1083票)だった。前沢氏と三木谷氏も存在感のあるトップだ。上位3社が4位以降を700票以上引き離していた。

「経営者にカリスマ性がある」と思う企業(1~10位)
n=2368、複数回答
順位会社名票数
1ソフトバンク1,348
2ZOZO(旧スタートトゥデイ)1,161
3楽 天1,083
4メルカリ333
5ヤフー224
6ソニー181
7LINE157
8キヤノン112
9パナソニック103
10Preferred Networks(プリファードネットワークス)87

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら