著名なセキュリティーリサーチャーのpiyokango氏が注目のシステムトラブルをピックアップ。今週の注目ネタは…。

 2019年6月末から7月頭までの1週間の注目ニュースは3件。最初は、米クラウドフレア(Cloudflare)のシステムトラブルを取り上げる。

「これまでにない経験」、最大82%の通信に影響(7月2日)

 クラウドフレアが提供するコンテンツ配信サービス(CDN)を利用するWebサイトに、約30分間アクセスできなくなるトラブルが発生した。当初ネット上には、サイバー攻撃によるCDNのサービスダウンを指摘する書き込みがあった。

クラウドフレアが通信障害の原因を明らかにした
(出所:米クラウドフレア)

 これに対して、クラウドフレアはサイバー攻撃を否定。原因は、ソフトウエアの設定ミスだったと発表した。

 クラウドフレアは、Webアプリケーションファイアウォール(WAF)に新しいルールを追加する際、適用前に新ルールで検知した通信をログに記録して、誤検知かどうかを確認するテストを実施していたという。ところが今回、テストしていた新ルールの設定に問題があり、CPU負荷が100%に達してしまい、最⼤で82%の通信に影響が出たと説明している。

 今回のトラブルを、「これまでにない経験」と表現。検証プロセスが不十分であったとして、今後はテストと新ルールを展開するプロセスを見直すとしている。

https://blog.cloudflare.com/cloudflare-outage/

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら