著名なセキュリティーリサーチャーのpiyokango氏が注目のシステムトラブルをピックアップ。今週の注目ネタは…。

 2019年4月後半の注目ニュースは3件。最初は、神奈川大学のランサムウエア感染事故を取り上げる。

メール管理システムがウイルス感染で停止、情報漏洩はなし(4月16日)

 神奈川大学は、学生や教職員、卒業生に提供するメールサービスで利用する管理システムが4月9日にランサムウエアに感染したと発表した。ランサムウエアの種類や感染原因、被害範囲などは不明。

メール管理システムのランサムウエア感染に関する発表資料
(出所:神奈川大学)

 同大学では、米マイクロソフト(Microsoft)のOffice 365と、独自に運用するメール管理システム「JINDAIメールサービス(JMS)」を組み合わせて、メールサービスを提供している。ランサムウエアに感染したJMSには、学生や教職員などのメールアドレスやパスワードも保管されていたが、これらの情報の流出は確認されていないとしている。

 感染から2週間以上経過した4月25日時点でも、復旧していない。同大学では4月16日以降、メールサービスをOffice 365のみの運用に切り替えた。JMSで提供していたパスワードの変更や連絡用メールアドレスの設定は利用できなくなっているとしている。

https://www.kanagawa-u.ac.jp/att/18409_00.pdf

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら