中国・華為技術(ファーウェイ)副会長の胡厚崑氏は、深層学習(ディープラーニング)など統計学ベースの人工知能(AI)によるコンピューティングが今後5年で全体の8割を超えるとの見解を披露した。AIコンピューティングの需要拡大を前提に、プロセッサーやサーバーなどの開発に力を注ぐとともに、クラウドコンピューティングサービスも積極的に展開する。

 胡氏の発言は、2019年9月18日に中国・上海で開幕した同社のプライベートイベント「Huawei Connect 2019」でのもの。「大胆な予測だが」と前置きした上で胡氏はそのように述べ、既存のルールベースのコンピューティングに代わりAIコンピューティングが主流になるとの見方を示した。

基調講演に登壇したファーウェイ副会長の胡厚崑氏(日経 xTECHが撮影)
[画像のクリックで拡大表示]

 胡氏は、予測の根拠として、ルールベースのコンピューティングでは解決できない問題が増えていることを挙げた。具体的には、音声や画像の認識、リアルタイムでの通訳などだ。このような問題の解決に向けてAIコンピューティングの重要性が高まり、需要が拡大すると胡氏は見る。

 AIコンピューティングの需要拡大を前提に、ファーウェイはプロセッサーの開発を強化する。現在、同社が抱えるプロセッサーのラインアップには、汎用コンピューティング向けの「Kunpeng(鯤鵬)」、AIコンピューティング向けの「Ascend(昇騰)」、スマートフォン向けの「Kirin(麒麟)」、スマートディスプレー向けの「Honghu(鴻鵠)」がある。今後は、より多様な用途に向けて新たなプロセッサーを開発する予定だという。ただし、従来と同様、今後も同社はプロセッサーを外販せず、ボードやサーバー、クラウドコンピューティングサービスといった形で提供する。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら