華為技術日本(ファーウェイ・ジャパン)は2019年5月23日午後7時過ぎに、「Google社のアナウンスに関するファーウェイ・ジャパンからのメッセージ」と題したリリースを出した。携帯大手3社をはじめ、同社製の新型スマートフォンの発売を延期する事業者が相次ぎ、混乱を抑えたい狙いがあるとみられる。

ファーウェイ・ジャパンが発表したリリース文
[画像のクリックで拡大表示]

 リリースには、「日本で今回発表したスマートフォン、タブレットにおいて、その使用、今後のセキュリティアップデート、アフターサービスなどが影響を受けることはありません。安心して、ご購入、ご使用ください」と記載。一連の騒動による影響はないと訴えた。同社は2019年5月21日に新型スマートフォンの発表会を開催しており、当時とほぼ同じ説明にとどまった。

 ファーウェイを巡っては、米国政府が製品輸出などを禁じる措置を公表。NTTドコモやKDDI(au)、ソフトバンクなど携帯電話各社や家電量販店のノジマなどが同社製の新型スマートフォン「HUAWEI P30 lite」などについて発売延期や予約停止を相次いで発表している。