MVNO(仮想移動体通信事業者)大手の楽天モバイルは2019年5月22日、中国の華為技術(ファーウェイ)製Android新型スマートフォン「HUAWEI P30 lite」の発売を延期すると発表した。5月24日に発売する予定で5月21日からオンライン予約を受け付けていたが、既に受け付けを停止している。新しい発売時期は未定。

楽天モバイルの「HUAWEI P30 lite」の商品ページ。発売延期の表示がある
[画像のクリックで拡大表示]

 ファーウェイを巡っては、米国政府がAndroid OSを提供する米グーグルを含む米国企業の技術を同社に提供することを禁じる措置を表明している。楽天モバイルは「ファーウェイに具体的な状況を確認しているところだ。お客様に問題なく端末を販売できるか確認できるまで発売を延期する」(広報)と説明する。楽天モバイルは、発売済みのファーウェイ製端末についてはこれまで通り扱う方針だ。

 NTTドコモ、KDDI(au)、ソフトバンクの携帯電話大手3社もファーウェイ製の新型スマートフォンについて発売延期や予約停止を相次いで発表している。同様の動きがMVNOにも波及した格好だ。