NTTドコモ、KDDI(au)、ソフトバンクの携帯電話大手3社は2019年5月22日、中国の華為技術(ファーウェイ)製の新型スマートフォンについて発売延期や予約停止を相次いで発表した。米国政府によるファーウェイへの製品輸出などを禁じる措置の影響が、日本の消費者にも直接影響し始めた格好だ。

ファーウェイの最新スマートフォン「P30」。通信大手3社やMVNO各社が同シリーズのスマホを発売予定としていた
[画像のクリックで拡大表示]

 NTTドコモは5月22日、2019年夏の発売を予定している「P30 Pro HW-02L」について、5月22日午後5時頃に事前予約ページを更新し受付を中断した。ドコモは同製品の事前予約を5月16日から受け付けていた。発売時期については変更のアナウンスをしていない。

 予約を停止した理由についてNTTドコモは「ファーウェイが米輸出管理法に基づく規制対象リストに入ったことを受け、事実関係を確認中であるため」としている。

NTTドコモの「P30 Pro HW-02L」紹介ページ。下部にあったオンラインショップの予約ページへのリンクが、5月22日午後5時頃に消されている
[画像のクリックで拡大表示]

 ドコモの発表に先立ち、ソフトバンクは「ワイモバイル」ブランドで5月24日に発売する予定だった「P30 lite」の発売を「未定」に変更した。5月14日から受け付けていた予約も5月22日に受付を停止し、予約済みの分もキャンセルとした。理由について同社は「ファーウェイ製のスマートフォンが安心してお客様にご利用いただけるか判断できる状況にないため」としている。

 KDDI(au)も「P30 lite Premium HWV33」について、発売時期を「5月下旬」から「未定」へと変更し、予約受付も停止した。KDDI系のUQコミュニケーションズは「UQ Mobile」ブランドで発売予定だった「P30 lite」を5月24日発売から発売日未定に変更し、予約受付も停止した。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら