KDDI(au)は2019年5月22日、中国の華為技術(ファーウェイ)製Android新型スマートフォン「HUAWEI P30 lite Premium」の発売延期を発表した。当初は5月下旬の発売を予定していたが、ソフトバンクと同じく延期を決めた。発売日は未定。同グループのUQコミュニケーションズとUQモバイル沖縄も同日、ファーウェイ製新型スマホの発売延期を発表した。UQコミュニケーションズらは格安SIMサービス「UQ mobile」を運営している。

UQ mobileのWebサイト。HUAWEI P30 liteは販売予定ラインアップにあるが、発売日が消えている
[画像のクリックで拡大表示]

 KDDI広報は「報道されている状況について、経緯や影響範囲、事実関係の確認を行っている。現時点で発売を判断するまでの確認に至っておらず、総合的に考えて販売延期を決めた」と説明した。ファーウェイを巡っては、米国政府が米国企業による同社製品の調達や、米国の部品や技術を使った製品の同社への輸出を禁じる措置を講じている。

 UQ mobileは「nova 2」「P20 lite」「nova lite 3」といったファーウェイ製スマートフォンも販売している。これら既存端末について「現時点では、販売停止にする決定はしていない」(UQコミュニケーションズ広報)。

 NTTドコモも同日、2019夏発売予定の華為技術(ファーウェイ)のスマートフォン「HUAWEI P30 Pro HW-02L」について、予約受け付けを停止する方向で検討中であると明らかにした。ファーウェイに関する一連の報道や、ソフトバンクなどの携帯電話事業者が「HUAWEI P30 lite」の発売延期を発表したことなどを総合的に判断し、検討しているという。検討結果を出す時期は未定。HUAWEI P30 Pro HW-02Lは2019年5月16日、NTTドコモが2019年夏の新商品のうち1機種として発表していた。