(画像:Getty Images)

Jリーグの試合は、J1からJ3まで年間1000試合以上がDAZNによってライブ中継されている。それを実現している技術は、一般の企業で使われているものとは大きく異なる。試合のたびにスタジアムに機器を持ち込み、その場でネットワークを構築しなければならないからだ。そこでは、SDNのような最新技術から、現場でのケーブル敷設のような泥臭い作業まで、様々な工夫が凝らされている。